日本では、赤ちゃんのアレルギーに悩む母親が増えています。
赤ちゃんのアレルギーの種類は様々で、食べ物の影響で発生する食物アレルギーや、湿疹が出るアトピー性皮膚炎を発症する赤ちゃんが多いです。
大人とは違い、赤ちゃんの肌はバリア機能が弱いため、肌のトラブルが起こりやすいのです。
乳児湿疹や乳児アトピーは、多くの赤ちゃんが経験しています。
乳児脂漏性湿疹やあせも、アトピー性皮膚炎は、生まれて2週間頃から現れますが、1歳から2歳くらいまでには自然に治癒します。
乳児が発症する湿疹には、様々な種類があるので、改善しない場合は早めに病院へ行って医師の診察を受けた方が安心です。
アトピー性皮膚炎は、頭部や顔面などに赤い湿疹ができ、かゆみが強いケースが多いです。
アトピー性皮膚炎は、アレルゲンに触れることで引き起こされると考えられていますが、はっきりとした原因は未だに解明されていま
せん。
アレルギー疾患は、免疫が過剰反応することで起こります。
アトピー性皮膚炎の予防には、刺激を少なくすることが大切です。
肌を常に清潔に保ち、衣類も刺激が少ないものを選びます。
慢性的に症状が出ることが多いので、焦らずに根気よくケアしてあげる必要があるのです。
"