アトピーに有効な”ビオチン”とは

ビオチンとは、ビオチンB群に属するビタミンの一種であり、ビタミンHとも呼ばれます。
ビタミンHというのは、このビタミンがネズミの皮膚炎を防止することをドイツ人が発見し、ドイツ語の皮膚HautのHにちなんだからです。

ビオチンの最大の役目は、α-リノレン酸からEPA(エイコサペンタンエン酸)や良性のエイコサノイドであるプロスタグランジンE3の産生を促すことです。 EPAはアラキドン酸から悪性のエイコサノイドが代謝されるのを阻害します。つまり炎症を防ぐということです。
次は、ヒスチジンという一種の必須アミノ酸を体外に排出させる働きがあります。このヒスチジンから脱炭酸酵素によって、かゆみを引き起こすヒスタミンが代謝されてきます。 つまりビオチンはかゆみのもとになる化学物質の生成を阻害するというわけです。
さらに、ビオチンは皮膚の基底細胞の下にある毛細血管を丈夫にして血流を増し、新しい皮膚の生成を促します。
 また、そのせいか、ささくれだった爪にも効きます。馬の蹄を強くするために、昔から獣医はこのビオチンを使っていました。 アトピーではありませんが、皮膚疾患の掌蹠膿疱症にも大量の ビオチンが効果があります。
参考サイト:http://www.drmakise.com/atopy/atopy9-5.cfm

 

ビオチンが不足すると、免疫過剰などの免疫系のトラブルが起きやすく、アトピー治療最前線の現場でもビオチンは注目されています。

 

アレルナイトプラスの詳細、購入は公式サイトからどうぞ♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>アレルナイトプラス公式サイト<<