アトピーと”乳酸菌”の関係

そもそもアトピーの原因は”免疫過剰”と言われています。
身体の中の有害物質を排出するために、免疫機能が過剰に反応してしまい、
皮膚表面からも毒素を排出しようとして、炎症などの症状がでるのがアトピー性皮膚炎と考えられています。

 

では、その有害物質はどこから来るのでしょうか?

 

答えは”腸”です。
腸は食べたものの吸収を担っており、あらゆる栄養は腸で吸収されます。
腸の中には数兆個とも言われる細菌が生息しており、知っての通りこの腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいます。
悪玉菌は様々な有害物質を腸の中で発生させ、身体に不調をきたす原因をつくりだします。
この有害物質を抑えこむのが善玉菌の働きですが、食生活の乱れやストレスなどにより善玉菌の働きが弱まると、悪玉菌優位となり腸内環境が悪化します。
これによって有害物質が大量発生し、その対処のための免疫の過剰反応がアトピー性皮膚炎ということです。

 

よって、善玉菌の代表格である乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善し、
悪玉菌の働きを抑えこんで有害物質を少なくすることが、アトピー性皮膚炎だけでなく全身の健康にとって極めて重要であるということです。

 

アレルナイトプラスの詳細、購入は公式サイトからどうぞ♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>アレルナイトプラス公式サイト<<